通常の封書やはがきについては、追跡サービスを利用することができませんが、たとえば、書留やレターパックなどの郵便物、ゆうパックなどの荷物や国際郵便物等に関しては、追跡サービスを利用することができます。
追跡可能なこれらのものについては、ハガキや封書などに比べ、多少料金は高くなりますが、追跡ができるということでの安心感があります。
追跡サービスとは、自分が投函、発送したゆうパックやレターパックが、今どこにあるのか、を知ることができるものです。
まだ、自分の居住地近くの、郵便物が集中する局にあるのか、それとも、送付先の集中局にあるのか、配達を担当する郵便局にあるのか、届いているのか、ということを知ることができる、ということです。
これは、インターネットで調べることができます。
インターネット上の、郵便局の追跡サービスのサイトに入り、これらを発送したときにいただく控えに記載してある追跡の番号等、必要事項を入力すれば、確認することができます。
一度に複数の個数の状況も確認できますので、便利です。
なお、追跡が可能な時期は、郵便物ですと、約100日、国際郵便物ですと、約12か月という制約がありますので、注意が必要です。

おすすめも見て
郵便局 追跡

関連記事

    None Found