造園工事を行う場合、希望する庭ができあがることを望んで、業者選びをする方がほとんどです。しかし、いざ造園工事が完了し、引き渡しとなった後、お庭のメンテナンスも必要となります。自分たちで庭の管理をしていても、どうしても分からない部分が出来てしまったり、場合によっては、芝生が枯れてしまったり、あるいは樹木が枯れてしまう…ということもあり得ることです。造園工事を行う場合には、こういった後々のことも考えて、造園工事を行う必要があるといえるでしょう。そのためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。造園のメンテナンスについて詳しく見ていきましょう。

アフターフォローがしっかりとしている造園業者を選ぼう

造園工事を行う場合、理想とするデザインの庭を目指し、造園業者を選ぶことが多いと思います。また近所の、造園業者で、ホームページを比較して選ぶ方も多いですし、近所の方や、ハウスメーカーなどに直接紹介をしてもらって、造園工事を行うケースがほとんどです。しかし、一戸建て住宅を初めて建てる方の場合、造園工事については、あまり知識がないことも多く、造園業者に任せきりになってしまうことが多いです。また、造園工事をするにはいいものの、後のメンテナンスのことを考えずに業者選びをしてしまうことも多いです。しかし、造園業者によっては、アフターフォローがしっかりとしている造園業者もあれば、全くフォローも保証もない業者もありますので、このあたりもしっかりと確認して造園業者を選ぶようにしましょう。

たとえば、造園工事後に芝生の生育が良くなかったり、あるいは樹木が枯れてしまう…こういったことが起こってしまうと、無料でアフターフォローを行ってくれて、植え替えをしてくれる業者もあれば、全て有料になってしまう業者もあるのです。このため、アフターフォローはどこまで行っているのかなどを基準として、業者を見極めてみましょう。業者によっては、たとえば、樹木一本について、一度の枯れ保証を行っていると言うところもありますし、定期点検を行っていて、数年間保証があるところもあります。心配であれば、こういった保証付の業者を選ぶ必要があります。

業者に全てお任せしない

造園工事が初めての方は、造園業者がプロであると言うことから、全てをお任せすることが多いです。自分たちの希望とする庭のデザインを伝えてからは、後は、実際に植える樹木、芝生の選定なども業者にお任せするというパターンもあります。しかし、これでは、あとから意外に樹木や芝生のメンテナンスに労力が割かれてしまったり、世話が大変になったり、虫が沸いてしまい困ってしまう…ということもあります。造園工事を依頼する場合には、たとえば、常緑樹が良いだとか、お手入れのしやすさなども考慮して、細かい部分まで注文をするようにしましょう。そうすることで、あとからこんなはずじゃなかった…と後悔してしまうことを防ぐことが出来ます。


素晴らしい庭づくりは福岡 造園がお客様と親身一体となって行います

実績の豊富な業者を選ぶ


造園工事は、実績の豊富な業者に依頼をすることにしましょう。実績が豊富で、近所や地域で評判の業者であれば、その土地にあった庭を施工してくれることが多く、失敗してしまうといリスクは少ないといえるでしょう。しかし、実績のない業者、あるいは聞いたことがないような業者は費用が安くても、避けておく必要があります。こういった業者は、庭の施工に慣れていないことも多いですし、全て下請けに丸投げをしているようなところもありますので、注意をしなければなりません。あくまでも、地元で信頼されている、腕の良い業者にお任せをすることが、庭のその後の安全にも繋がるのです。

関連記事

    None Found